« 日本共産党西船支部のみなさんと地域を訪問 | トップページ | 田村智子副委員長を招いて日本共産党を知るつどい »

2019年12月22日 (日)

船橋市の行財政改革についての宣伝

船橋市が3月に「行財政改革推進プラン」を公表。あらゆる分野で市民負担増を求めようとしています。

12月市議会には市民文化ホールや公民館、下水道料金などの引き上げ条例案が提出され、参考人質疑を実施させるなどいままでにない取り組みが行なわれましたが、結果として関連議案はすべて多数で可決されました。

今回の引き上げは、2割、3割ではなく、2倍3倍の引き上げとなっており、市民から文化やスポーツを奪うものです。ある文化団体は、「こんなに利用料金が上げられたら会費を上げざるを得なくなり、会員が減って存亡の危機に陥ってしまう」と市に撤回を要望しています。

今日は、船橋駅北口で行財政改革推進プランの中止を求める宣伝と署名に取り組みました。

« 日本共産党西船支部のみなさんと地域を訪問 | トップページ | 田村智子副委員長を招いて日本共産党を知るつどい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本共産党西船支部のみなさんと地域を訪問 | トップページ | 田村智子副委員長を招いて日本共産党を知るつどい »