« 日本共産党習志野台西支部と地域を訪問 | トップページ | 降下訓練始めの米軍参加で防衛省に要請 »

2019年12月11日 (水)

国保をよくする会の会議

船橋市国保をよくする会の会議に参加しました。

今日の会議では、船橋市の国民健康保険料の引き上げについて議論しました。

船橋市はいま進めようとしている「行財政改革」のなかで、2018年度から2年ごとに12年間かけて国保料を引き上げることを明記しています。

その内容は、一般会計からの繰り入れを無くすことや、現在63対37になっている応能負担(所得割)と応益負担(均等割)を国が進めている50対50(いわゆる平準化)にしていくものと考えられます。

しかしこのまま進めば、いまでさえ高すぎて払えない保険料がますます払えなくなり、低所得者ほど引き上げ率が大きくなります。

こうしたやり方を撤回させるために市への要請を行うことになりました。

« 日本共産党習志野台西支部と地域を訪問 | トップページ | 降下訓練始めの米軍参加で防衛省に要請 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本共産党習志野台西支部と地域を訪問 | トップページ | 降下訓練始めの米軍参加で防衛省に要請 »