« どこの空にもオスプレイはいらない@フナバシの宣伝に参加 | トップページ | オスプレイ配備容認で木更津市に抗議と要請 »

2019年12月25日 (水)

長津川調節池公園の整備について市に要請

船橋市内にある長津川調節池公園は、周囲に1・1キロほどの遊歩道や展望スペースが設けられており、ジョギングや散歩など市民の憩いの場となっています。

しかし老朽化が進み、遊歩道には大きな段差があったり、展望スペースは地盤沈下で危険な状況となっていました。

日本共産党本町支部では、昨年、危険箇所の調査をおこない、調節池を設置している県や公園や遊歩道を管理している船橋市に改善を求めてきました。

この要請を受けてこの間、改修が進められてきましたが、見違えるようにきれいになりました。

今日は、船橋市の担当課と話し合い、きれいにしてもらったお礼を述べるとともに、改修が残っている橋の段差と展望スペースについてさらなる改善を要請しました。

市側は、「橋の段差は県が今年度中に実施することになっている」「展望スペースも県が改修のための実施設計を行なっている」と回答。
さらに改善されることが明らかになりました。

この2カ所が終われば、要望した改修はすべて完了することになります。

要請には、松崎佐智市議も一緒でした。

« どこの空にもオスプレイはいらない@フナバシの宣伝に参加 | トップページ | オスプレイ配備容認で木更津市に抗議と要請 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どこの空にもオスプレイはいらない@フナバシの宣伝に参加 | トップページ | オスプレイ配備容認で木更津市に抗議と要請 »