« 行財政改革プラン中止を求める宣伝 | トップページ | DSEI武器見本市抗議行動 »

2019年11月17日 (日)

船橋市平和委員会の戦跡めぐりバスツアー

11月17日、船橋市平和委員会が館山市の赤山地下壕見学ツアーを開催しました。ガイドは「安房文化遺産フォーラム」。

館山にある47ヵ所の戦争遺跡の中の重要な一つで、壕には指揮所や病院、発電所、兵舎、格納庫、貯蔵庫、奉安殿などの設備がおかれていました。

また、隆起した地層や断層もきれいに見えて地学を学ぶ上でも絶好の場所です。

2004年から一般公開され翌年には館山市指定史跡となりますが、フォーラムに参加しているみなさんが、15年間もの歳月をかけて、発掘、研究、検証を重ね、保存運動を広げてきた結果です。

隆起した地形で、掘りやすく固い砂岩でできていますが、地質を調べて場所を選んだものと推定されており、岩盤に発破をかけて緊急につくった松代大本営とは時代も目的も違っています。

戦前、館山海軍航空隊で行われていた航空機開発に関わる部隊が極秘の任務を壕で行っていたとされ、アジアへの侵略拠点だったのではないかと考えられています。

« 行財政改革プラン中止を求める宣伝 | トップページ | DSEI武器見本市抗議行動 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 行財政改革プラン中止を求める宣伝 | トップページ | DSEI武器見本市抗議行動 »