« 夏見地域のつどいに参加 | トップページ | 船橋市平和委員会の戦跡めぐりバスツアー »

2019年11月16日 (土)

行財政改革プラン中止を求める宣伝

11月16日、津田沼駅北口で「こんな行革はいやだ!」市民連絡会が宣伝と署名を行いました。

参加者は次々とマイクを握って訴え。
「夏見の運動公園でテニスをやっているが、料金が上がったら、行く回数を減らさなければならないかもしれない」

「囲碁やウクレレで公民館を使っているが、前の値上げのときは、そのまま上がってしまった。今回は、上げさせたくない。少ない収入なのに利用料金が上がったら、使いづらくなる」

「船橋市は、お金がないからと言って施設の利用料の値上げをやろうとしているが、船橋市は58中核市の中で7位、お金はある。絶対に、やめてほしい」

「公民館は、文化を楽しみ発信している場所であり、利用料金を上げたら、船橋から文化が衰退すると思う」
と自らの思いを語りました。

« 夏見地域のつどいに参加 | トップページ | 船橋市平和委員会の戦跡めぐりバスツアー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏見地域のつどいに参加 | トップページ | 船橋市平和委員会の戦跡めぐりバスツアー »