« 船橋市日本共産党後援会の総会であいさつ | トップページ | オスプレイ木更津「暫定配備」について防衛省に要請 »

2019年11月24日 (日)

日本共産党高根台西中支部の総会に参加

船橋市高根台地域で活動している日本共産党地域支部の総会に参加して、来年1月に開かれる日本共産党大会議案について話をしました。


今回の議案は、綱領改定案、政治任務、党建設の3つです。

綱領改定案では、20世紀の100年間で植民地体制が崩壊し、独立国が200近くまで増えてきたことが、平和や民主主義、人権を広げていく力になっていることを解明。

中国について、社会主義を目指している国とは言えないと明記し、発達した資本主義国での社会変革こそ大道だと指摘しています。

また、政治任務では今度の総選挙で野党連合政権を打ち立てることを目標に掲げ、市民と野党共同の前進と日本共産党の躍進を二つの目標に掲げました。

党建設では、党員と読者を増やしていくことや日本共産党の未来にとって欠かせない焦眉の課題だとして、全党を上げて取り組むことが呼びかけられています。

« 船橋市日本共産党後援会の総会であいさつ | トップページ | オスプレイ木更津「暫定配備」について防衛省に要請 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 船橋市日本共産党後援会の総会であいさつ | トップページ | オスプレイ木更津「暫定配備」について防衛省に要請 »