« 船橋市内で地域を訪問 | トップページ | 災害廃棄物の処理で船橋市に要請 »

2019年10月30日 (水)

たんぽぽ後援会のつどいに参加

船橋市西習志野新高根地域で活動している日本共産党たんぽぽ後援会のつどいに参加しました。斉藤和子前衆院議員も一緒でした。

「台風被害が深刻だが、自治体間の協力協定は活かされたのか」
「防災無線が聞こえないところがある。命に関わるので、何とかならないか」

「教員の変形労働制や英語の検定試験など、教育がおかしくなっている。夜11時くらいに帰宅するのは当たり前。しかも非正規の先生が多くて同じ仕事をしているのに、年収でも100万円近く差が出ている」

「国民健康保険でやたら『公平』という言葉が使われるが、国保を利用している人がお金を出せというまったく不公平なやり方だ」

「知らないことも自己責任にされる。これではたまらない」

など活発な意見や質問、要望が出されました。

« 船橋市内で地域を訪問 | トップページ | 災害廃棄物の処理で船橋市に要請 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 船橋市内で地域を訪問 | トップページ | 災害廃棄物の処理で船橋市に要請 »