« 三番瀬を守る会の事務局会議に参加しました | トップページ | 国民健康保険の都道府県単位化学習会で報告しました »

2017年5月16日 (火)

横芝光町の佐藤晴彦町長と懇談しました

成田空港では、旅客数が大きく伸びるとの予測をもとに、現在の年間30万回の発着回数容量を大幅に増やす計画を進めようとしています。

そのための対策として、①現在のB滑走路(2500m)を1000m延伸する、②新たに3本目の滑走路(3500m)を整備する、③騒音対策のための飛行制限時間(現在23時~翌朝6時)を3時間短縮する(深夜1時~5時にする)、という内容が提示されています。

これまで住民説明会が開かれてきましたが、どこでも猛烈な反対の声が出されており、とりわけ飛行制限時間の短縮には、「いまでも静かな時間は7時間しかないのに、これ以上、睡眠時間が奪われるのは、絶対に認められない」など声が大きく広がっています。

関係する市町も住民の声を受けて、国に対して見直しを求める要望を行っています。

こうした中で、今日は、関係自治体の一つである横芝光町の佐藤晴彦町長(上の写真左)と懇談し、町への影響についてお話をうかがいました。

横芝光町は第3滑走路が出来ると町の中心部がまるごと騒音区域の範囲内に入ってしまいます。騒音区域内の住戸は約2000戸とのことで、病院や学校なども近い距離にあります。

その一方で町のなかには、新たな空港施設はつくられないため、固定資産税などの収入は見込めません。

      このままでは町からの人口流出に拍車がかかるだけで、「国や空港会社がそうとう気張ってくれないと横芝光町はなくなる」と佐藤町長は語っていました。

      今日の懇談には、加藤英雄県議団長(左上の写真中央)、日本共産党東部地区委員会の椎名史明地区委員長(衆院11区)、山崎義貞横芝光町議も参加しました。
ホームページもご覧ください(

« 三番瀬を守る会の事務局会議に参加しました | トップページ | 国民健康保険の都道府県単位化学習会で報告しました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584327/65296462

この記事へのトラックバック一覧です: 横芝光町の佐藤晴彦町長と懇談しました:

« 三番瀬を守る会の事務局会議に参加しました | トップページ | 国民健康保険の都道府県単位化学習会で報告しました »