2020年1月14日 (火)

第28回党大会初日の様子をネットで視聴

今日から日本共産党第28回党大会が始まりました。

今日は、午後1時から志位和夫委員長による開会あいさつ、野党会派からの来賓あいさつ、綱領改定案と政治任務を提起している第1決議案の報告がありました。

立憲民主党の安住淳国会対策委員長は、戦前、平和と民主主義のためにたたかった山本宣治を取り上げ、「山宣ひとり孤塁を守る。だが私は淋しくない。背後には大衆が支持してゐるから」という墓碑銘を共産党の穀田恵二国対委員長から送られ、議員控え室に飾ってあると紹介。

「共産党とは立場が違うが、共同して安倍一強に立ち向かいたい。その先に政権が見えてくる」と述べました。

国民民主党の平野博文国対委員長は、「志位さんと食事をした。そのときに、立憲主義、格差是正、多様性の容認という言葉が出てなるほどと思った」と語り、「違いを言い合うよりも、違いを認めて大きな固まりを作ることが大事」と話しました。

社会民主党の吉川元幹事長は「共産党とは地域で共闘を組んでいるが、地道な努力に頭が下がる。前々回の参議院選挙から始まった野党共闘のたたかいで、『共産党がもれなく着いてくる』と揶揄する人がいたが、共闘には市民がもれなく着いてくるのであって、それを恐れているのが安倍政権だ」と指摘しました。

沖縄の風の伊波洋一幹事長は、「沖縄ではいまも米軍統治下のような状況となっている。軍事基地強化が進んでいる。しかし県民は負けない。あきらめないことが勝利のカギ。安倍内閣は末期的症状を呈してきており、総選挙で退陣させよう。そのために共闘を勧めて行こう」と呼びかけました。

壁水会の嘉田由紀子参議院議員は、「国会に来て、法治国家としての足下が崩れていると感じた。そこを厳しく批判しているのが共産党。質問にはエビデンスが積み上げられ、わかりやすい言葉が使われ、しかも追及はバシッと行なう。これはすごいこと。多様性のなかで共同を広げたい。小異を生かして大道を作るためにがんばりたい」と述べました。

最後にあいさつに立った中村喜四郎衆議院議員は、自らの政治経歴を語り、「いまの保守系議員は、水と平和は黙っていても手に入ると思っているがそれは間違い。トランプ大統領はロシアやウクライナの支援で選挙に勝った。その後、アメリカ政府の官僚が次々に首にしたり、根拠のない話を繰り返している。こういうアメリカに守ってもらうのは無理。野党政権は外交や防衛でも国民の不安に応える必要がある。その点でも共産党にがんばってもらいたい」と語りました。

朝は津田沼駅で宣伝

今朝は、JR総武線の津田沼駅で宣伝をしました。
日本共産党の坂井洋介市議や地域後援会のみなさんと一緒でした。

今日の宣伝では、消費税の悪影響やオスプレイの木更津配備、船橋市の「行革」によって国民健康保険料が大きく引上げられようとしていることなどを伝える「がんばり通信」を配りました。

船橋市では現在進めている「行財政改革」のなかで、国民健康保険料を2018年から12年間、6回に分けて引き上げる計画を打ち出しています。

これを受けて昨年12月19日、「船橋市国保をよくする会」が市に保険料の引き下げなどを求めて要請を行いました。

要請の中で「12年後に何を目指しているのか」と聞くと、市側は「一般会計からの繰り入れを無くすことだ」と答えました。

今年度予算で繰入額は15億7500万円で、加入世帯数は8万5058世帯(2019年6月1日現在)。繰り入れが無くなると1世帯平均2万円近く保険料が上がることになります。市側は「一度に高くならないように2年ごとに上げていく方針だ」と答えましたが、最終的に満額値上げになるのは変りません。

市によれば国保料滞納世帯は1万5603世帯(18・3%)ですが、ますます滞納が増えて医療が奪われることになるのは明らかです。

要請では応能負担(所得割)と応益負担(均等割)の割合についても質しました。

船橋市では現在、応能・応益の比率が63対37ですが県は53対47を基準としています。もしも船橋市がこれをめざせば均等割を大きく引上げることになるため、低所得者に重い値上げとなります。

高くて払えないのにさらに引き上げ、低所得者により重い負担を課すのは、命と健康を根本から脅かすものです。

また要請では、生まれたばかりの子どもにも均等割(年間3万2950円)を負担させるやり方について、「子育て支援に真っ向から反するものであり、市として独自の減免措置を取るべきだ」と指摘。

市側は、「国に要請している」との回答にとどまりました。

要請には、日本共産党の松崎佐智・神子そよ子両市議も同席しました。

2020年1月13日 (月)

船橋駅南口スタンディングに参加

安倍内閣の退陣を求めて2年前の3月13日以来、取り組まれてきた船橋駅南口駅前でのスタンディングに参加しました。

今日で、385回目。
道行く人たちの関心を呼んでいます。

訴えでは、「桜を見る会」について、「安倍総理が税金で行なわれている公式行事を私物化し、それを指摘されると国会で平気で嘘をつき、その嘘がばれそうになったら、証拠を隠滅し改ざんしねつ造する。こういう人物に日本の国を任せるわけには行かない」と訴えました。

また、オスプレイの木更津配備や習志野演習場での降下訓練始めへの米軍参加、幕張メッセでの武器見本市など、戦争推進の安倍政治のもとで、千葉県がその拠点にされようとしていると指摘。

「市民と野党の共同を広げ、安倍政治を終りにさせましょう」と呼びかけました。

成人式宣伝

1月13日、船橋市の成人式が行われました。
日本共産党は会場近くで、新成人のみなさんにお祝いのメッセージを送りました。

「みなさんの未来には希望が広がっている。日本は世界3位の経済力と戦争をやらないと決めた憲法がある。徴兵制もなく、生存権や学問の自由、男女平等などの権利が保障されている。これを生かして未来を開こう」と呼びかけました。

また、大学の授業料や働き方などについてのチラシも配布。
「みなさんには悩みや苦労もあると思う。非正規労働を余儀なくされたり、高い学費のためにアルバイトをしなければならず学業に身が入らないという人も少なくないと思う。

しかしそれは自然現象ではなく、政治が背景にある。教育費を増やしたり、労働法制を良くしていけば解決できる。市民と野党の共同の力で、政治を変えて行こう」と訴えました。

また「企業が儲けをあげることを目的にした資本主義社会のなかで、格差と貧困が広がっている。日本共産党は、こうした社会が人類社会の完成形とは思っていない。資本主義を乗り越えて、大きな経済力が余すことなく庶民のために使われるそんな豊かな社会を目指している。

共産党はそういう社会を『社会主義・共産主義の社会』と名付けていて、そういう社会を目指している政党として自ら『共産党』という名前をつけている」と話しました。

取り組みには日本民主青年同盟のみなさんも参加。
スーツ姿の新成人が「がんばってください」と声をかけてくれたり、「私の希望」などについてのシール投票も行いました。

2020年1月12日 (日)

降下訓練始めの会場で監視行動







陸上自衛隊第一空挺団の「降下訓練始め」に参加しました。

2日前、陸上自衛隊演習場での訓練で、パラシュート降下をした隊員が演習場の外に着地する事故が起きたのに、陸上自衛隊は1月12日、「降下訓練始め」を実施しました。

米空軍機からのパラシュート降下や、海上自衛隊、航空自衛隊、米陸軍特殊部隊なども参加して、実戦さながらの演習を展開。<br>

まさに命を奪い合う訓練にほかなりません。
隊員の命を絶対に落とさないためにも、海外派遣は止めるべきです。

2020年1月11日 (土)

「行財政改革」中止へ市内を回って宣伝










「こんな行革はイヤだ」市民連絡会が宣伝カーで船橋市内を回り、「市民に多大な負担をもたらす船橋市の『行財政改革プラン』を中止させましょう」と訴えました。

宣伝カ所は、西船橋駅北口、夏見ヨークマート前、高年公団駅、ジュジュきたなら商店街、三山商店街の5カ所。

それぞれの宣伝場所には地域からも参加。
署名を訴えたり、ビラを配布しながら市民と交流を広げました。

第一空挺団に場外降着事故で抗議

自衛隊習志野演習場でのパラシュート降下訓練で、演習場を外れ、近くにある習志野高校のグランドに誤って落ちてしまう事故が1月10日に発生しました。

訓練は1月12日に予定されている「降下訓練始め」に向けたもので、今年、新たに参加することになった米軍機からの降下で起きたもの。

幸い、降下した隊員にも、周辺にも被害がなかった模様ですが、一歩間違えれば重大な事故になりかねません。

日本共産党はこうした状況を受けて1月11日、第一空挺団(パラシュート降下部隊)にたいして抗議と訓練中止を要請しました。
対応した担当者は、「高度300m程度の米軍機から20人ほどが降下をするなかの1人が場外に降りた。原因はパラシュートの操作ミス」と話しました。

事故を起こした隊員の訓練実績を聞くと「それなりの回数をこなしている」との回答でした。
それでもミスは起きるということです。

参加者は、「住宅密集地での訓練は常にこうした危険をはらんでいるので、訓練そのものを中止してほしい」と強く求めました。

要請には、日本共産党の斉藤和子前衆院議員、金沢和子船橋市議、谷岡隆習志野市議、堀口明子・飯川秀樹両八千代市議も参加しました。

2020年1月10日 (金)

津田沼革新懇の宣伝に参加

1月10日、津田沼革新懇の宣伝に参加しました。
革新懇でそろえた黄色いベストをみんなで着けて目立ちます。

オスプレイの木更津配備、習志野演習場でのパラシュート降下訓練始めへの米軍の参加、幕張メッセでの武器見本市など、千葉県でも戦争への足音が強まっていることを話し、「子どもたちに平和な未来を残すため力を合わせましょう」と呼びかけました。

また、憲法を生かす3000万人署名にも取り組み、若い人や高齢の女性などが、名前を寄せてくれました。

2020年1月 9日 (木)

降下訓練始めの米軍参加抗議宣伝

1月12日に予定されている自衛隊パラシュート部隊(第一空挺団)の降下訓練始めに、アメリカ軍が参加します。

今回で4年連続。

最初の年は沖縄の米軍が15人参加。
次の年は沖縄が30人になりアラスカの部隊から50人、合せて80人が参加。
昨年はアメリカ軍80人と陸上・会場・航空の三自衛隊による合同演習となり、今年は、ノースカロライナ州の米陸軍やアメリカの空軍も参加する大規模なものとなっています。

年々、規模と陣容が拡大してきているのを見ると、こうした日米合同演習が日常化するのではないかと懸念されます。

これに抗議と中止の声をあげようと、日本共産党が1月9日、津田沼駅で宣伝を行いました。

これには、斉藤和子前衆院議員、松崎佐智船橋市議、入沢俊行・荒原知恵美両習志野市議、植田進・堀口明子・飯川秀樹各八千代市議も参加して訴えました。

宣伝では、200枚用意したビラが30分でなくなるほど大きな反響を呼びました。

どこの空にもオスプレイはいらない@フナバシが宣伝









「どこの空にもオスプレイはいらない@フナバシ」がつだぬま駅北口で宣伝をしました。

世界中で墜落事故を起こしているもっとも危険な軍用機「オスプレイ」を安倍政権がアメリカから17機購入してしまいました。

防衛省は佐賀空港に配備する計画ですが、佐賀県では大きな反対の声が広がり、配備のための駐機場や格納庫を整備するための土地の購入さえ出来ていません。

行き場がなくなったオスプレイをどうするか。
防衛省が白羽の矢を立てたのが木更津駐屯地でした。

しかし佐賀空港に配備できないものを木更津にと言うわけには行きません。
ここでも住民の反対の声が大きく広がりました。

木更津市長も「暫定といっても期間が示されないのでは検討できない」としてきました。

ところが昨年12月25日、市長は一転して河野太郎防衛大臣と面会し、市の側から「配備期間は5年」と期間を示して受け入れを表明してしまいました。

暫定期間が示せずに苦しんでいた防衛省に「助け船」を出した格好です。

木更津に配備されれば毎日のように習志野演習場に飛んできて訓練が行なわれることになります。

今日の宣伝では、市民生活を危険にさらすようなオスプレイの配備は認められないと、訴えました。

2020年1月 8日 (水)

日本共産党の昼休み宣伝

今日は、JR総武線の船橋駅南口で昼休み宣伝を行ないました。
宣伝カーから斉藤和子前衆院議員や松崎佐智市議などが訴えました。

話し始めると通りかかった一が足を止め、じっと聞き入る姿が見られました。

また、手を振ってエールを送ってくれたり、「がんばれよ」と激励してくれる人もいました。

2020年1月 7日 (火)

朝は津田沼駅北口で宣伝

今朝は、JR総武線のつだぬま駅北口で宣伝をしました。
日本共産党坂井洋介市議や地域後援会のみなさんと一緒でした。

今朝の宣伝では、日本共産党船橋市議団が毎週作成している「ミニにゅうす」を配布。

志位和夫委員長や斉藤和子前衆院議員、5人の日本共産党市議などが年頭の抱負を語っています。

訴えでは、野党と市民の共同が広がってきており、今年にも行なわれる可能性が大きい総選挙で安倍政治を終りにさせて、野党連合政権の樹立を呼びかけました。

2020年1月 6日 (月)

船橋市議団と市役所前宣伝

日本共産党船橋市議団が5人そろって船橋市役所前で新年にあたってのあいさつ宣伝を行ないました。

日本共産党の斉藤和子前衆院議員も参加しました。

宣伝では、新年早々、アメリカのトランプ大統領がイラクでイランの革命軍司令官を空爆によって殺害したことを告発。

安倍総理は「憂慮する」としただけで、まったく抗議もしなかったことを批判しました。
しかも、トランプ大統領の有志連合の呼びかけに応えて自衛隊を中東に派遣することを決め、重大な事態を招きかねません。

「桜を見る会」疑惑でもカジノ汚職でも自衛隊の派遣でも、これ以上、安倍政治を続けさせるわけにはいかないと強く訴えました。

朝は西船橋駅北口で宣伝

今朝は、JR総武線の西船橋駅北口で宣伝をしました。
日本共産党の松崎佐智市議と一緒でした。

今朝の宣伝では、「桜を見る会」疑惑、カジノ汚職、オスプレイの木更津配備などについて訴えました。

通りかかった男性が近づいてきてがっちりと握手
「がんばってくださいね」と激励してくれました。

2020年1月 4日 (土)

地区委員会事務所で党旗開きを視聴

日本共産党西部地区委員会で、東京代々木の党本部で開かれた「党旗びらき」をインターネットで視聴しました。

志位和夫委員長があいさつのなかで、昨年、印象深く残っているものとして、国会で安倍首相が杉尾秀哉議員(立憲民主党)の質疑で、「共産党!」とヤジを飛ばしたことをあげました。

志位委員長は、「首相の言語道断のヤジはその場でも大問題になりましたが、精神科医の香山リカさんが、『共産党は私だというタグ作りたい気持ち』とツイッターに投稿し、それが大きな反響を広げていきました。社民党新潟県連合が『共産党は仲間だ』と投稿し、これも広がっていきました」と述べています。

これを聞いて、マルティン・ニーメラー牧師の「彼らが最初共産主義者を攻撃したとき」を思い出しました。

ナチが共産主義者を襲つたとき、
自分はやや不安になつた。
けれども結局自分は共産主義者でなかつたので
何もしなかつた。

それからナチは社会主義者を攻撃した。
自分の不安はやや増大した。
けれども自分は依然として社会主義者ではなかつた。
そこでやはり何もしなかつた。

それから学校が、新聞が、ユダヤ人が、というふうに
次々と攻撃の手が加わり、
そのたびに自分の不安は増したが、
なおも何事も行わなかつた。

さてそれからナチは教会を攻撃した。
そうして自分はまさに教会の人間であつた。
そこで自分は何事かをした。
しかしそのときにはすでに手遅れであつた。

(丸山眞男訳)

船橋市西習志野地域を訪問

日本共産党高郷支部のみなさんと西習志野地域を訪問してお話を伺いました。

どこでも「桜を見る会」や「カジノ汚職」が話題になり、「腹立たしい」とか「早く安倍総理にやめてもらいたい」などの声が寄せられました。

また訪問の中で、「近くの道路で側溝に蓋がないところがある。何とかならないだろうか」との要望が出されました。

また、ゴミステーションについて、「近所のご協力によって成り立っているが、代が代わって協力が得られなくなったらどうするか心配だ」との思いも寄せられました。

2020年1月 1日 (水)

三番瀬で初日を見る会に参加


今年も「三番瀬で初日を見る会」が開かれました。
主催は「三番瀬を守る会」。

残念ながら、雲が多くて昇る瞬間を見ることは出来ませんでしたが、雲の切れ間から射す光は、見ごたえがありました。

2020年、いままでにない大激動を予感させますが、暮らしと平和を実感できる政治をめざして頑張ります。

2019年12月28日 (土)

日本共産党三山後援会の餅つきに参加

12月28日、地域の日本共産党後援会のみなさんと餅つきをしました。

ついたあとは、柔らかくて温かいつきたての餅を大根おろしでからみ餅にしたり、きな粉をまぶしたりやひき割り納豆をからめたりして、みんなでご馳走になりました。

それはそれは美味しくて心も体もあたたまり、来年への元気の元になりますね。

2019年12月27日 (金)

オスプレイ配備容認で木更津市に抗議と要請

12月27日、オスプレイの配備受け入れを表明した木更津市長にたいして、抗議と撤回を申し入れました。

市長は、配備は5年以内としましたが、河野防衛大臣はあくまでも「目標」だとしています。

これについて質すと市の担当者は、「5年たったらどんな状況でも出ていくと合意したわけではない」と確約ではないことを認めました。

また渡辺市長は会見で「万一、事故が起きたら責任の一端は受け入れた自分にもある」などと言いましたが、ひとたび事故が起きたら、どうやって責任を取るというのでしょうか。人の命や暮らしが傷つけられたら、責任の取りようがありません。

そもそも危険なオスプレイを配備すること自体、許されないのに、事実上の恒久配備になりかねない今回の受け入れ表明は、撤回以外にありません。

危険なオスプレイは、どこの空も飛ばさせない!
そのために全力をあげます。

2019年12月25日 (水)

長津川調節池公園の整備について市に要請

船橋市内にある長津川調節池公園は、周囲に1・1キロほどの遊歩道や展望スペースが設けられており、ジョギングや散歩など市民の憩いの場となっています。

しかし老朽化が進み、遊歩道には大きな段差があったり、展望スペースは地盤沈下で危険な状況となっていました。

日本共産党本町支部では、昨年、危険箇所の調査をおこない、調節池を設置している県や公園や遊歩道を管理している船橋市に改善を求めてきました。

この要請を受けてこの間、改修が進められてきましたが、見違えるようにきれいになりました。

今日は、船橋市の担当課と話し合い、きれいにしてもらったお礼を述べるとともに、改修が残っている橋の段差と展望スペースについてさらなる改善を要請しました。

市側は、「橋の段差は県が今年度中に実施することになっている」「展望スペースも県が改修のための実施設計を行なっている」と回答。
さらに改善されることが明らかになりました。

この2カ所が終われば、要望した改修はすべて完了することになります。

要請には、松崎佐智市議も一緒でした。

«どこの空にもオスプレイはいらない@フナバシの宣伝に参加